担保・保証人不要


キャッシングには、担保や保証人は必要ありません。
氏名や年齢・住所や勤務先といった情報を申し込み書に記入し、
安定した収入がある場合には簡単に利用することができます。

銀行や会社などからお金を借りるのと違い、簡単に借りることが
出来るのがキャッシングの利点です。

担保や保証人が必要ないので誰にも知られずに借りられる

家族や周りに知られることなくキャッシングができるので、
国民の10人に1人が利用しているポピュラーなシステムです。
ただし、過去に借り入れの返済をしなかったり、
返済が遅れたりしたことがある場合には、利用できないこともあります。

特に、携帯電話の支払いをしていないなど、通信費関係の未払いには
気を使う必要があります。

担保や保証人が不要なキャッシングですが、
それだけに借り入れの額に限度があることも事実です。
たいていの場合は、最初のキャッシングは10万円くらいまでで、
そこから借入と返済を繰り返し、信用を高めていくことで、
100万円や500万円などと、高額のキャッシングも可能となります。

年収や過去の借り入れ状況により、借り入れ限度額は変わってくることになります。
いきなり高額のキャッシングは不可の場合がほとんどなので、
宣伝などで500万円まで可能などと謳っている場合でも注意が必要です。

担保は必要ありませんが、キャッシングの種類によっては
不動産の担保と合体させて、高額な融資を行う会社もあります。
あくまでも借金という点を考慮して、利用する場合には
返済の計画をしっかりと立てることも重要です。