賃金業法を知る

プレゼンター

賃金業法をご存知でしょうか?
これはお金の貸し借りや消費者金融などに対して国が業務や金利などに対して定めている法律の名前になります。
今回ご案内する内容意外にも深く知りたい方は
金融庁の改正貸金業法・多重債務者対策について:金融庁をごらん頂くとかなり詳しく慣れます。
このページでは、このサイトのテーマカードローンに対してこの賃金業法がどう関わっているのか?
しっておくといざと言うときに対応ができる内容を紹介したいと思います。また、もしも今借金などで悩んでいるのであればご一読いただきたい内容もご紹介したいと思います。

年収の3分の1までしか借り入れができなくなった。

最近では一般的に浸透してきた感もありますが、今、年収の3分の1までしか借り入れができなくなったってご存知でしたか?(正確にいうと、一部のサービスで3分の1まで)
これも実は賃金業法により施行された一部になりますが、今まで、金融業者ではそういった制限があまかったのか、年収以上の金額を貸していました。
その結果どうなったかは想像していただければわかるかと思いますが、要は、借金苦に陥る人が非常に多かったんですね。
これは当然といえば当然の話ですね。収入よりも多額のお金を無計画に借りる人がたくさんいたということになります。

ただ収入よりも多くの金額を借り入れすることは人生でなんども出てくるかと思います。

<一例>
・一軒家や分譲マンションなどの住宅を購入するとき
・車を買うとき
・経営者の方で事業資金を借りるとき

どうでしょうか?
こういったケースで年収の3分の1となると正直なにもできませんね。
もちろん上記ケースの場合は99パーセントの方が計画的にローンを組みたい
考えていることがほとんどではないでしょうか。

で?借りれないんでしょ?

いいえ。実は借りれるローンもあるのです。
これは、総量規制対象外のローンといった形で各サービスがきちんと記載しています。
つまり、明らかに計画的に借りるでしょ!と突っ込みたくなるローンに関してはだいたい
総量規制対象外になっていますのであまり心配はしなくていいかと思います。

過去10年ほどに多重債務を抱えている方は

 

過去10年以内に債務を返しきれないという方は是非先ほどの金融庁のページを
熟読してください 。
読むのが面倒な場合は司法書士などに相談するといった手もあるかと思います。
簡単にいうと法の改正によりグレーゾーン金利といわれていた分を最後に利用してから
10年間に遡り取り返せる可能性があります。

まとめ

金融系の法律はこれからも改定されることはおそらくあるでしょう。
きちんとした形で利用している方にとってはそれほど重要な情報ではないかもしれませんし、
ヤミ金などで借りていなければそれほど気にする必要もないかもしれません。
ですが、知っておくだけでいざと言うときにご自信の防御策を検討できるかと
思います。知識は資産になりますのでカードローンをこれから検討している方は
是非知れることは知っておきましょう。