カードローンに落ちて再審査して欲しいときに

プレゼンター

カードローンは、申し込めば
誰でも審査がとおるというようなものではありません。
会社によってさまざまな基準があり、特に銀行系のカードローンは
基準が厳しいので落ちるということは珍しくありません。

コレが悔しくて再審査を申し込む人も少なくないようですが、
もし再審査をして通るかどうかを試したいのであれば、
以下のことに気をつけて再審査を申請しましょう。何がいけないのかを理解することカードローンを知っておくことが次の審査に重要と言えます。そのあたり解説していきましょう。

まず、期間を半年以上あけるということです。
カードローンに限らず、キャッシングやクレジットカード、
また携帯電話の分割払いなども審査があります。

半年間の履歴が登録される

こういう審査の基準のひとつとして、信用情報機関というものがあります。
信用情報機関とは、金融に関する信用情報を登録し、
本人やローン・キャッシングなどを提供する会社に信用情報を提供する機関です。
この信用情報機関には、あなたがどんなところに申し込んだかという履歴も登録されます。
もし仮に半年以内にあなたが申し込みをしたということが登録されていて
発行されていないということは、審査に落ちたという事です。

この場合、カードローン会社が再審査をしても再発行してくれるということは少ないものです。
カードローン会社の中にはこういった再審査を嫌い、
もしこういった申し込み情報が残っているのであればすぐに落とすという会社もあります

この申し込み情報が登録されるのが半年間ですので、
少なくとも半年は期間をあけたほうがいいというのはこういうことです。

貸し付け条件を満たすように

また、定期収入などによる条件が満たされていないのかもしれません。
この場合あなたが収入を増やすという方法があります。

カードローンを利用する際に契約条件として『定期的な収入のある方』
となっているのは当たり前のことですが、そもそも定期的な収入がなければ
カードローンの審査に通るということはありませんし、
また収入が少なくても、カードローン会社の審査に通らないということもあるのです。

ですので、こういったことに気をつけてまた申し込みをすれば、通るかもしれないのです。